トップ

漢方で蕁麻疹を改善

ストレスと蕁麻疹の関係性とは

蕁麻疹はストレスからくる体のサイン

蕁麻疹の発生原因には、食物アレルギーのように、はっきりと原因物質が特定できるものと、そうでないものがあります。蕁麻疹は、ヒスタミンという物質が血管に作用して起こりますが、そのような状況をつくりだすような食べ物を食べたわけでもなく、ハウスダストや花粉によるアレルギーもないのに、全身に蕁麻疹が出てしまうことがあるのです。

心因性蕁麻疹と呼ばれる蕁麻疹は、いわゆるストレスがその原因であり、強いストレスがかかっているという体のサインともいえます。また、蓄積された肉体的疲労が、蕁麻疹として現れる場合もあります、

特に仕事が忙しくなったり、プレッシャーが強くて押しつぶされそうになりながら頑張っていたり、肉体的疲労がかなり溜まっていたりすると、蕁麻疹というかたちで、体が悲鳴をあげることがあるということです。

ストレスや疲労の蓄積は免疫力低下につながり、蕁麻疹が起こりやすくなります。ほんの少し、冷たい空気に触れたり、温かいものに触ったり、日光を浴びたり、衣服が擦れたりするなど、普段ならなんでもないようなことが刺激になって、蕁麻疹を発症してしまいます。

蕁麻疹は、見た目の異様さとともに、かゆみを伴いますから、発症自体がまたストレスとなり、さらに悪化してしまうという悪循環に陥るケースも少なくありません。ストレスが関係する蕁麻疹は、時間が経過すれば必ず自然に消えますから、過度に心配しないことも大切です。

また、普段からストレスを上手に発散できるように、短時間でもウォーキングをする習慣をつけたり、好きな音楽を聴く時間をもったり、できるだけ睡眠不足にならないように、時間の使い方や仕事・家事などのしかたを工夫することも必要です。

Copyright © ストレスと蕁麻疹の関係性とは. All rights reserved.